このウェブサイトのすべての機能をご利用いただくためには、ブラウザの設定によりJavaScript機能を有効にする必要があります。
お使いのブラウザでJavaScriptを有効にする方法 " をご確認いただき、JavaScriptを有効に設定してからご覧ください。

発電所紹介
発電所紹介

荒尾バイオマス発電所の特徴

特徴1: 約4,400万kWh(約12,000世帯分)の木質バイオマス発電による地域社会への貢献

約4,400万kWh(約12,000世帯分)の木質バイオマス発電による地域社会への貢献イメージ

電力会社へ24時間供給し、約12,000世帯分の電力発電による地域社会へ貢献します。

発電量: 6,250kWh(内450kWhは社内電力として使用)

供給電力量: 5,600kWh(平均約12,000世帯が使用する電力量)
年間稼動時間: 7,920時間(24時間×330日、35日は定期点検及び補修)

特徴2: 約70,000トンの未利用木材の有効利用による森林再生

長年懸案になっている林地残材等を有効活用することで、森林整備に貢献します。

木質バイオマス(間伐材・林地未利用材・製材等由来の端材背板樹皮など)を燃料用チップとしたものを年間約70,000トン使用します。内、1割は水分調整用として建築廃材由来の燃料チップを使用します。

特徴3: 年間20,000トンのCO2を削減し、地球環境に貢献

再生可能エネルギーによる発電事業でCO2を削減し、地球環境に貢献します。

※2万トン‐CO2/年

荒尾バイオマス発電所の概要

名称 荒尾バイオマス発電所
所在地 〒864-0023
熊本県荒尾市水野1088番地19 (荒尾産業団地内)
敷地面積 21,841㎡
管理棟 階数1階
構造木造
タービン建屋 階数4階
構造鉄骨造
燃料ストックヤード(1) 階数:1階建
構造:鉄骨造
燃料保管容量:約4200㎥(使用量約3.5日分)
燃料ストックヤード(2) 階数:1階建
構造:鉄骨造
燃料保管容量:約1900㎥(使用量約1.6日分)
設備名称 木質バイオマス発電設備
ボイラー形式 木質燃料焚ボイラー
燃焼方式 逆送トラベリングストーカ式
発電出力 6,250kW
所内動力:約700kW
売電量: 約5,550kW
年間:約4,400万kWh(約12,000世帯分の電力使用量を賄う)
運転時間 24時間/日約330日/年(予定)
総投資額 34億円  ※
(※内、熊本県緑の産業再生プロジェクト促進事業より12億5千7百万円を借用)
事業開始 平成28年4月1日
燃料量 年間約70,000トン(未利用材)
CO2削減量 2万t-CO2/年
従業員数 約20名
主要設備

発電プラント:株式会社タクマ製 ストーカー炉 出力6,250Kwh

タービン室兼中央制御室棟(鉄骨鉄筋コンクリート造4階建延面積1,015㎡)

燃料ストックヤード建屋(鉄骨造平屋建延面積1,783㎡)

事務管理棟(木造平屋建延面積365㎡)

荒尾バイオマス発電所のフロー図

荒尾バイオマス発電所フロー図イメージ

※画像をクリックすると拡大します。

各施設・工場設備紹介

荒尾バイオマス発電所全体図イメージ
チップヤードイメージ

チップヤード

燃料を受け入れ一時的に保管します。

チップ定量フィーダイメージ

チップ定量フィーダ

燃料をボイラーへ定量供給する機械です。

チップ供給フィーダイメージ

チップ供給フィーダ

ボイラーに燃料を供給します。

トラベリングストーカボイラーイメージ

トラベリングストーカボイラー

燃料を燃焼させて蒸気を発生させます。

蒸気タービン・発電機イメージ

蒸気タービン・発電機

ボイラーから発生した蒸気を利用して発電を行います。

バグフィルタイメージ

バグフィルタ

排ガス中の煤塵などを除去しクリーンな排ガスにします。

中央制御室イメージ

中央制御室

ボイラー及びタービン発電機その他補機類を管理します。

特高受変電設備イメージ

特高受変電設備

発電した電力を変電し送電します。

トラックスケールイメージ

トラックスケール

トラックで運ばれてきた燃料の重量を測定します。

燃料チップの供給元については、「関連会社紹介」ページの松本木材株式会社と株式会社九州バイオテックをご覧下さい。

関連会社紹介はこちら

ページの先頭へ